ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

2018.12
11
01


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOME>外国映画(category)  TotalPages3 前のページ

インビクタス/負けざる者たち

Thu

ネルソン・マンデラ氏が獄中から釈放されて今日で丸20年。
アパルトヘイト(人種隔離政策)関連法の全廃で
法的権利は平等になっても
貧富の差は拡大するばかりな上、エイズが蔓延して
南アフリカの国民平均寿命は43.8歳にまで下がっているそうです。



インビクタス/負けざる者たち
(INVICTUSとは、ラテン語で『不屈』の意味)

インビクタス



クリント・イーストウッド監督の30作目にあたる本作は、
就任直後のマンデラ大統領と、いつも負けてばかりだった
ラグビー南アフリカ代表チームを描いた、実話を元にした映画です。
いま公開中なので、あらすじはひみつ!

早撮りで有名なクリント・イーストウッド監督。
テイクを重ねずどんどん進めていって、どうしてこんなに
立派な作品ばかり次々生み出せるんでしょうか。
撮影開始までの準備がどれほど濃密なものなのかと想像し、
新作を観る度、旧作に触れる度、ため息が出てしまいます。

演出だけではありません。役者陣、特に
この企画を持ち込んだという主演のモーガン・フリーマンが
とにかく素晴らしい!
話し方、歩き方、決意を秘めた人を惹きつける笑顔、佇まい、
何もかも、物真似ではなく、
ニュース映像で世界中の人々に知られている
マンデラ大統領その人を見事に演じきっていました。

ラグビーチーム主将役のマット・デイモンも
くどい芝居に走らず、この映画に登場する全ての人物と同じく
極めて自然体で爽やかでした。

モーガン・フリーマンは、アフリカ系アメリカ人が主催する
人種差別と戦う運動や集会の類の全てへの参加を
公式に拒否しています。

人種差別のない世界とは、それについて
誰も悩まず、訴えず、語らない世界。
これが彼の主張です。

なかったことにしようとしてる訳ではなく、
違った方向から問題を考えていく。

この作品の企画を持ち込んだ相手が
実話を元にした素晴らしい映画を沢山撮っている
クリント・イーストウッド監督だったという
「はじめの一歩」を考えただけでも、
人種差別問題に立ち向かう彼の
思いの強さを感じることができます。



モーガン・フリーマンは過去にも、アパルトヘイトを扱った作品に
重要な役で参加しています。



パワー・オブ・ワン(ジョン・G・アヴィルドセン監督)

パワー・オブ・ワン


舞台は1930年代の南アフリカ。
幼くして両親を亡くしたイギリス人少年PKは
様々な差別をする人々、される人々の双方と関わる中、
獄中のヒール・ピート(モーガン・フリーマン)から
ボクシングを教わり、彼の不屈の精神に
強い影響を受け、逞しい青年へと成長していきます。

私がモーガン・フリーマンを初めて観たのはこの映画です。
ヒール・ピートの、深い悲しみ苦しみの中にあっても諦めない強いまなざしと
囚人たちが大合唱する美しい歌は、何年経っても耳から離れません。


アバター

Mon

ドルビー3Dシステムを採用している
新宿バルト9で観てきました。

アバター
アバター




何の予備知識も持たずに行って、まず思ったこと。



メガネめたくそ重い!




みどりの星パンドラは、
「天空の城ラピュタ」と「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」を
まぜたような景色だったせいか、何だか懐かしく感じました。

パンドラのに住む先住民「ナヴィ」たちは
全員、田中麗奈ちゃんによく似て見えたせいか
何だか懐かしく感じました。

シガニー・ウィーバーが科学者の役で出てきたので
よその星に来てるんだ!とすぐに信じることができました。

いつもの通り、逞しい科学者です
しかもニコチン中毒


細部のつじつま合わせが非常にてけとーですが
キャメロン監督作品なので、あんまり気にせず観るのが吉です。
キャメさん作品なら、「ターミネーター」や「エイリアン2」だったら
重いメガネに再び挑戦してもいいかなぁと思います。
でなければ「スター・ウォーズ」エピソードⅣ・Ⅴ・Ⅵとか。


一番みたいのは、勿論「キャプテンEO」だよ!!


↓クリックしてね↓
キャプテンEO
キャプテンEO






~ 追記(2月6日) ~

パンフレットを眺めてたら、また
書きたくなりましたよ。

全体的に、「美しい色」「スケールの大きさ」
以外では、見たことあるようなものが多く感じたのですが
メカの造形は凝ってて、どれも興味深く感じました。
特に気に入ったのは、軍の指令機(飛行機?)。

重量感たっぷりの爆音で飛行する様は、
未来少年コナンのギガントを彷彿とさせます。
そこに乗り込んだ人間兵器、
マイルズ・クオリッチ大佐(スティーブン・ラング)には
劇中の誰よりもときめかされました。

この傷痕!かっこいいいいいい!

この追記は、キャメさんの「タイタニック」等のファンの人は
参考にしないでねー。
ターミネーターは、1本目だけが好き!
シュワは悪党が似合う!と信じる
ゆうがたちゃんのからのお知らせでした。


きみはスター・ウォーズを知ってるかい

Sat

映画「スター・ウォーズ」シリーズを知ってますか。


ジャーン!!



今日は、「5秒でわかるスター・ウォーズ」動画を紹介します。
この映画を知らない人は、まずは
お正月休みにでも、レンタルのDVDでのんびり観て、それから
こちらもどうぞですよ。ふひひ。





5秒でわかるスター・ウォーズ エピソード4





5秒でわかるスター・ウォーズ エピソード5





5秒でわかるスター・ウォーズ エピソード6





イングロリアス・バスターズ

Mon

クエンティン・タランティーノの新作です。

タラ映画は大大大好きだから、
劇場にかけつけましたですよ。
予告編では、とんちきで愉快な映画にしかみえなかったし。

イングロリアス・バスターズ 予告編(日本版)



しかーし…

観始めてすぐ、これはR15+じゃなく、成人映画指定でも
いいんじゃないかと思いました。
そのぐらい、もぉ、すんごく、血とか、もぉ、いろいろ
とにかくすごいんです。すんごくすごい。
第二次世界大戦末期を題材にしてるんだから
当然ですけど。

という訳で、みるな!まじで!危険ですから!
ときめいたから記事にしてるけど!
ときめいた時更新するブログだから!


091201いんぐろりあす


ときめき…


たとえばそれは、強いテネシーなまりで話す秘密部隊中尉(ブラッド・ピット)の
「Ten-hut!(気をつけ!)」の号令。

残忍で冷酷で頭の切れ味抜群なナチの大佐(クリストフ・ヴァルツ)の
ふと見せる優雅でキュートな仕草。

真っ赤なドレスを戦闘服にし、完璧なドレスアップで
復讐の準備を整える、美しいユダヤ娘(メラニー・ロラン)。

ナチ将校を13名殺害したドイツ軍兵士兵士(ティル・シュヴァイガー)の
登場シーンでさりげなく流れる、タラの盟友、
サミュエル・L・ジャクソンの低音ナレーション(超cool!)。

タラ映画の全てを直視できて、かつ好ましく思っている人のみに
心からお奨めします。みどころだらけの、濃い映画です。
史実とはかけ離れたファンタジーです、念のため。

(参考・柳生一族の陰謀)





「THIS IS IT」公開期間延長決定!

Mon

ばんざーい!

10月28日から始まった「THIS IS IT」
当初予定されていた2週間限定公開から、4週間限定公開に
期間が延長されることに決まりました!

2日目の朝に観に行ってから今まで、
あまりの衝撃にすっかりやられてしまい
熱をだしたり、動けなくなったり、
治ってからもどこか放心気味になっていたのですが、
延長決定のニュースを知った途端
突然やる気がわいてきました。
何故でしょうね。
もう1度観に行けそうな気がしてきたから…?

心から愛してます!


マイケルファン、洋楽ファンは勿論必見。
むちゃくちゃ元気で、希望にみちあふれてて前向きで、
歌も踊りも信じられないほど冴え渡ってて
優しくて可愛くていとしいマイケルが
そこにいます。

マイケルに興味ない人。よく知らない人。
低俗な誹謗中傷や噂を聞いて、マイケルに不信感を抱いてる人。
是非、是非、観に行って下さい。
かつてそこにいた、本当に美しい人が造り出した
音楽の喜び、舞台芸術の喜びが
未だそこに、のこされています。
それに触れたあなたの目が、耳が、心が、
幸せに震えて、ときめく筈です。

可能な人は、DVD発売など待たず、
どうか劇場へ!



いよいよ28日から!

Mon

マイケルの最期のリハーサル姿が観られる
映画「THIS IS IT」が、いよいよ28日から全世界同時公開されます。
2週間限定だから、すばやく近所の劇場で観ないと
終わっちゃうよ!

マイケル・ジャクソン THIS IS IT/JAPAN TRAILER



どこで観ようかなぁ…!!!!!!!!


パトリック・スウェイジ逝去(2009年9月14日)

Wed

悲しいです。

訃報を聞いてから、急いでひっぱりだしたDVDは
「プリシラ」の影響でつくられたという「3人のエンジェル」

この映画を観るまでは、パトリック・スウェイジに
特別な思い入れはありませんでした。

プリシラファンにはあまり評判が良くないこの1本。
大好きなウェズリー・スナイプス目当てで観て、
その変身ぶりと可愛らしさを堪能しつつ
パトリック・スウェイジの上品な美しさにも圧倒されました。
ウェズリーは超キュート!
ジョン・レグイザモは、スチールでは分からないけど
映画本編でその美しさが確認できます。

劇中の、いちごまつり用の衣装を着た3人
↓クリックしてね↓
筋肉隆々だけど綺麗


絵画のような1枚
↓クリックしてね↓
ジョン・レグイザモがんばれ


ウェズリー可愛かったなぁぁぁ!
↓クリックしてね↓
おさげ超かわいい♪



主役の3人だけでなく、全ての登場人物を
心からいとしく思える映画のひとつです。
パトリック演じるヴィーダが、人から愛されなくても
人生を楽しもうとしっかり胸を張り、周囲の人々に
優しさをふりまく清々しさに、
観終わった後とても幸せになれる作品です。


おまけ…9月4日のこんな記事を見つけました。
女装姿が美しかった俳優の第1位に、
パトリックが見事選ばれたそうです。しかも圧勝。
検索したら、ゲイ界(?)のニュースとしても
世界中で紹介されていました。
素敵!!!!!




スヌーピー

Sun

今年1月にshockwaveが終了して、もう二度と観られないと思い
諦めていたスヌーピーのフラッシュ動画を見つけました。


スヌーピー、主役を食う







一番大好きな自動ピアノの作品が
重過ぎてここに載せられないのが残念です。



もうすぐお別れ 「テアトルタイムズスクエア」

Mon

アイマックスシアターとして始まり、
でっかいスクリーンのフツーの映画館にリニューアルされた
「テアトルタイムズスクエア」。
衆議院選挙投票日でもある8月30日に閉館してしまいます。
映画館が終わる時は、いつも悲しいなぁ。とっても。
お別れの閉館特別上映は、22日(土)から始まりました。
行けなくても気になるのが、こうした「サヨナラ上映」のプログラム。

本日24日の10時半から上映される「ミツバチのささやき」。あぁ。また観たい。
29日(土)の18時45分から上映される「ダークナイト」。あぁ。アイマックスで観直したい。
同じく29日(土)の12時50分からは、ファン投票1位の「2001年宇宙の旅」だって。
ああそうか。なにしろここのスクリーンは巨大だもんねぇ。
8.50m×16.00mというサイズで、観たいよねぇモノリス。観たいよねぇラストのアレ。

うお。
明日25日(火)10時半からは、「タクシードライバー」だそうですよ奥さん。
どうしようっていうんでしょう。ここで観たらうなされちゃうでしょう。
8.50m×16.00mでみるモヒカントラヴィス…


ぎゃああああああああああああああああ!!!!!!!!!


すいませんちょっと取り乱しましたすいませんすいません。
大好きな映画だし、大好きなデ・ニーロだけど、やっぱりうなされますよ。
うなされたい人は観に行けばいいじゃん。それで、モヒカン最高!とか
言ってればいいじゃん。ちっ、なんてうらやましい。

  (↓参考画像・飯山選手を襲うモヒカン熊↓)
迫り来る熊の恐怖!

※上記掲載写真のモデル熊は、デ・ニーロと一切関係ありません。