ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017.04
03
05


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOME>外国映画(category)  TotalPages3 前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪の法則

Sun

プロメテウスを観てずっこけたのに
またしても懲りずに
リドリー・スコット監督作品を観に行ったよ!
しかも、めっちゃくちゃ期待して行った!
なんと、貸切だった!
たったひとりで観たのですよ…。
おかげでぶつぶつ言いながら観られたけどね!
まぁここは、名作「スパイ・ゲーム」でも
2人で観られるぐらいの
年中ガララーガ劇場だしね!





スペインが誇るハビエル・バルデムは
ノーカントリーに次ぐぐらいの
気になる髪型で登場。
今回は、いろいろ共感できるところのある
特別じゃない人の役だったよ。





奥さんのペネロペ・クルスは
映画の中では、主人公を演じた
マイケル・ファスベンダーの恋人役。
何故か婚約もしないうちから
左手の薬指に指輪の痕があった…。

さて、劇場でゆうがたちゃんは
ブラッド・ピットが最初に登場した時に言った

「Don't do it!」

を繰り返し繰り返し思い出しながら
ラストまでの2時間を過ごしたよ。
やめてとめてがひたすら続く展開だったからねー。
それともうひとつ、
撮影中に亡くなった弟さん、
トニー・スコット監督がこれを撮ったら
どんなだったかなぁ、と
エンディングロールの最中に考えてた。



ミ* ゚Д゚ミφ 以下、ゆうがたメモ

1.飼い猫ならぬ飼いチーター可愛い!

自動車で移動中に襲われる場面で
コインロッカーベイビーズのワニを思い出しちゃって
やめてやめてやめて!って騒いじゃったけど
よかった…大丈夫だった…。
想像したものを何でも思い通りに撮れちゃう
リドリーの事だからオールCGかもしれない。
グラディエーターもそうだったしなぁ…
むしろその方がいい、チーターは
屋内に入れたら可哀想な気がするし!
超可愛かったよー!



2.キャメロン・ディアスは一線を越えた!

この人どんどん妖怪に近づいてきた…
エリザベス・テイラーみたいに
超絶美女から大妖になるんなら素敵だけど
もともと…だったのが、遂にグロの域に達してた。
お色気シーンありすぎで参った…
ファンの人、もしこれ読んだらごめんなさい!
でもグロだった…www



3.スペイン語の字幕について

つけてありません、と開始前に断り書きが出た通り
殆どの場面で字幕なしだった。
主人公はメキシコでは異邦人だから?
でもスペイン語喋ってたじゃん主人公。
スペイン語が聞き取れない人は
どう思ったのか、ちょっと感想を知りたいな。



4.リドリー・スコット監督について

いやぁな気持ちで観てたのに、
こうして反芻してみると、
プロメテウスの100倍は楽しめた。
次回作に期待!そしてこの映画は
誰にもおすすめしません!
でもいろいろ確認したいことがあるから
ゆうがたちゃんは劇場にまた行くかも!



5.邦題これでいいのか

なんでこうなった


6.思わせぶりすぎる豪華キャスト陣の謎

隅っこの隅っこに出てる端役まで、
アメリカやスペインやメキシコの映画で
お馴染みの人達がいっぱい出演してたよ!
一番びっくりしたのがジョン・レグイザモ。
ジョン・レグイザモそっくりな作業員が
ふいに出てきたなぁと思ったら
喋る声でジョン・レグイザモ本人と確認できたから
あぁじゃあただの作業員じゃなくて
この人がすごい鍵を握ってるんだなと思ったら
それで終わりだった…
えええせっかくのジョン・レグイザモ勿体ないよ!
続編でど真ん中にくるんですかジョン・レグイザモ!
ていうかこの映画3部作ぐらいにすれば
名作になってたよ多分、はしょりすぎだよ!


7.ブラッド・ピット可愛い

ブラッド・ピットは何の映画に出ても可愛い。
本人が可愛いんだろうか。
イングロリアス・バスターズでさえ可愛かった。
今回もすごく可愛かった。
オレンジジュースをOJって言うブラッド・ピット、
いいねぇ今度から真似しよう!



8.ペネロペ・クルスの歯はでっかい

冒頭のベッドシーンの超アップで
バカボンの歯を思い出した。





ミ* ゚Д゚ミ なんだ結構楽しめたじゃないかwww



ダーティハリービデオ鑑賞

Tue

ずっと楽しみにしてたのに、風邪がひどくて
BSジャパンでの放送を録画しそこなっちゃった
山田康雄のダーティハリー。

どうしても観たかったから、VHSのビデオテープを
引っ張り出してきたよ!
1994年8月14日放送の日曜洋画劇場のビデオだッ!

ダーティハリー吹替版





映画開始前の淀長先生のチャーミングな解説に
まず顔がほころんじゃいます。

「とにかくあらゆる物が、全部揃って一流ですから、
 この作品は、見事なクリント・イーストウッドの代表作品、
 だけでなく、アメリカの代表作品ですね!
 さぁ、今晩は、じっっっくりごらんなさいよ!
 面白いですよぉ!(はぁと!)」


可愛い淀川長治先生





合間のCMでは、あっ!ショーケンだ!

渇!





次週は、淀長先生の大好きなシュワだって!

バトルランナー





ミ* ;∀;ミ はぁ~面白かった!!!!!


トランス

Sun

ダニー・ボイル監督の新作、
また変な映画だったよ!

ギャングとこっそり組んでる
競売人・サイモン(ジェームズ・マカヴォイ)が
オークション会場でゴヤの映画を盗んじゃって、
でも計画と違う動きをしちゃって、
ギャングを怒らせちゃって、
ぶん殴られちゃって、
記憶が飛んじゃって、
絵をどこに隠したか忘れちゃうの!

ギャング一味の
ボス(ヴァンサン・カッセル)の命令で
エリザベス先生(ロザリオ・ドーソン)の
催眠療法(トランス)を受けて
記憶を取り戻そうとするサイモンだけど
やればやるほどこんがらがってくる…
だ、だいじょぶか?!

↓ クリックで予告編が始まるよ ↓
頭くるくる~




R15指定の理由は多分
ひどく過激な暴力描写じゃなくて
ロザリオ・ドーソンの
「超すっぱだか」のせいです、ご心配なく。

謎映画を観てあれこれ考えるのが好きな方は
是非劇場へどうぞ!
ロザリオ・ドーソンの声、催眠療法の声にぴったりだから
睡眠をたっぷりとってから観た方がいいよ!
あとロザリオ・ドーソンのかっこいいおっぱいも
すごく可愛いヴァンサン・カッセルも観られますフヒヒ


まだか番長!

Fri

ウェズリー「番長」スナイプスの刑期が満了になって
3ヶ月経ちました。

新作はまだですか!
撮り終えてる映画の公開はいつですか!
西部劇版ブレイドみたいなやつ!
Gallowwakeres!
まだですかあああああ!


↓ クリックで予告編が始まるよ ↓
ヽミ* ゚∀゚ミノ 番長ー!




ミ* ゚∀゚ミo彡゚ 番長!!番長!!


R.I.P.D.ゴースト・エージェント

Mon

どしゃぶりの中、観に行ってきたよ、
ジェフ・ブリッジスの新作!
しわの1本1本までかっこいいジェフ・ブリッジス



癖の強い喋り方・歩き方・足首フェチ、
相棒より帽子が大事なロイ(ジェフ・ブリッジス)。

井上純一を情けなくしたみたいな
筋肉脳野郎ニック(ライアン・レイノルズ)。

このコンビが悪霊を退治する話で、
メン・イン・ブラックと違うのは
彼らも死んでるってこと!

まぁね、設定はどうでもいいんです。
物語もどうでもいいんです。

しかめっ面するジェフ・ブリッジス!
へんてこな悪霊!
二挺拳銃をぶっぱなすジェフ・ブリッジス!
おっぱいねえちゃん!
手風琴をぶかぶか弾きながら歌うジェフ・ブリッジス!
嬉しそうに変身するケヴィン・ベーコン!
へたれ純一にまたがって急降下するジェフ・ブリッジス!

まぁそんなこんなで、
へたれ純一のアップが多いこと以外は
なかなか楽しめました!


ミ* ゚Д゚ミ フヒヒ

続編映画

Wed

1本目と比べて遜色なく素晴らしい続編映画といえば
ゴッドファーザーが有名だけど、
これは1本目より面白い映画だよ!



ミュータント・ニンジャ・タートルズ2
ヽミ* ゚∀゚ミノ ニンジャ!


ニンジャ! ヽミ* ゚∀゚ミ人ミ゚∀゚ *ミノ ニンジャ!



おこるでしかし!

Sun

お昼に喫茶店で盛り上がってた高校生たちに告ぐ!

ゴッドファーザーは
「エロい映画」じゃありませんから!!!!!
その情報は間違ってますから!!!!!

すばらしい、すばらしい映画ですから!
今すぐ観てください、
観て、もっずっと、
盛り上がって下さいいいいいい!!!!!!!!!

ミ* ;Д;ミ すばらし映画ですの



パシフィック・リム(2013年8月22日追記あり)

Mon

怪獣対巨大ロボットの死闘を観たい人には超おすすめ!
ギレルモ・デル・トロ監督の愛を受け止めろ!

パシフィック・リム予告編予告編だぜ

[あらすじ]
 怪獣がじゃんじゃん海底の裂け目から出てきて
 人類が滅ぼされかけちゃう。
 生き延びる為に、世界中が一致団結して
 巨大ロボットを作って怪獣と戦う。


スーパーギロン対ゲッター城マジンガーZ

怪獣は、ブレイド2のリーパーズみたいに裂ける口を持つ
ギロンとイカを混ぜたようなやつだ!
龍やサメみたいにしなやかな動きをするけど、すっごい硬そうだよ!

リーパーズ参考画像(ぷく松がいやがりそうだから小さめにしてみた)

びろーん



ギロン参考画像(ぷく松がよろこびそうだから大きめにしてみた)

ぎろーん



イカ参考画像(するめにしてみた)

ぺったんこだぜ



対する巨大ロボットは、いろんなタイプがあるんだけど
マジンガーZみたいに2足歩行で
2人1組が操縦する。
右脳と左脳をそれぞれ担当するから
兄弟や、親子や、夫婦といった、心から信頼しあった2人が
組むのが望ましいらしい。
例外で、中国のみつごが3人で操縦する、3本腕のやつもあった。
これかっこいいと思ったけど、戦闘シーンがすごく少なくて残念!
ていうか、どのロボットもかっこよかった!
複数で操縦っていうのはゲッターロボだよね!
更に、操縦者は立った姿勢で固定されて
操縦者の動きにあわせてロボットも動く…
おお、ロボゲイシャの城ロボだ!

という訳で、いろんなロボットのいいとこどり。
東宝大好きなデル・トロ監督なのに、何故か怪獣は大映ギロン風。




すごすぎる!ファン作成・東宝ゴジラ風パシフィック・リム予告編かっちょいいい!



人間役で登場したロン・パールマン、最高すぎて鼻血でた!まじで!
この映画の続編も観たいけど、それよりまず
ヘルボーイ3を待ってます!まじで!
お願いしますデル・トロ監督!まじで!!!!!!!!!



~ 追記 ~
ららちゃからメールをもらったよ!
コメント書いてくれたらみんなに見てもらえるのにー!
だから紹介します!
「ゆがたちゃが書いてる映画の説明読んで
 このロボットの操縦方法はジャンボーグエースと一緒だなぁと思ったら
 今月の映画秘宝にもそれに近い事が載ってた」
さすがららちゃ!ジャンボーグエース知ってるんだねえ!
映画の掲示板でもこの事書いてる人がいたな~
ゆうがたちゃんはジャンボーグエースってみたことがないんだよ!
知ったかぶりで書いたりできないから
知ってることで思いついたことだけ書いたんだー!
ジャンボーグエース、いつかみるぞ!それから
この映画をみなおそう!フヒヒ



ワールド・ウォー・Z(2013年8月20日追記あり)

Sun

ゾンビ映画だっていうから観てきたよ!
なんだこれ!
ゾンビ映画にこんなにお金かけちゃっていいのか?!

グロシーンが少なくて
身体能力が異常に高いゾンビを観たい人は
是非劇場でどうぞ!
主演のブラッド・ピットは
戦闘慣れしてて、強運で、ドジです!
ブラッド・ピットのチェックを怠っていたゆうがたちゃんは
ブラッド・ピットを観るのが
イングロリアス・バスターズ以来だったから
あまりのドジっ子ぶりにびっくりしたよ!
どうなのよブラッド・ピット!
老けっぷりが評判悪いねブラッド・ピット!
ゆうがたちゃんはますます好きだよブラッド・ピット!

相変わらず立派な体躯のブラッド・ピット(ずっこけくん)

ずっこけくんかわいい


というわけで、随分名前を連呼しましたが
むちゃくちゃなブラッド・ピットが出てくる映画は好きなので
今回は満足しました。
受け取り方によるけどね。
戦争万歳映画だねって言いながら帰る人がいたけど
ゆうがたちゃんは、超反戦映画だと思ったので。
いずれにしろ、戦争の映画でした。


ゆうがたちゃんの大好きなデヴィッド・モースが素敵な
この写真をクリックすると予告編が観られます。
ポチッとな↓ほぉ~れおしおきだべぇ~♪



ミ* ゚Д゚ミ ゆがたちゃから、ずっこけピットくんにお知らせです
任務遂行中は、他の皆様のご迷惑にならないよう
携帯電話は電源からお切りいただくか、マナーモードに設定の上
ご使用をお控えください


~ 追記 ~
コメント欄にも書いたけど、
ゾンビ映画のわりには怖くないよ大丈夫だよ!多分!
前半は派手なジェットコースターみたいな怒涛の展開、
後半はドリフの探検隊コントです。
志村けんの役がブラッド・ピットです。

Just one more thing…

Sat

マイケルがいなくなって2年目の今日は
できるだけ楽しく、楽しく、楽しかった思い出と
今日の楽しいことだけで終日過ごそうと思ってました。

ハムファン仲間のすずもちちゃんから、
おはようの挨拶と同時に
切ないニュースを教えてもらいました。
83歳のマイケルさん…
ピーター・フォーク氏が23日に逝去。



Peter Michael Falk(1927-2011)
うちのカミさんがね、ふふふ



刑事コロンボのビデオは全部持ってるのに
テレビで再放送される度に観ては
あなたの仕草ひとつひとつを楽しませてもらいました。

義眼がかっこよかった


映画「デッドロック」の、刑務所で悠然と暮らす
マフィアのドン、メンディ・リップスタインは
あなたが演じた他のどの役より魅力的に思え
単純な映画なのに、劇場で2回観て
DVDまで購入してしまいました。


ときめかせてくれてどうもありがとう。
淋しくなります。




※映画「デッドロック」の素晴らしいレビューは
敬愛するm@stervisionさんのWebページ跡地でどうぞ
↓     ↓
m@stervision



~ おまけ ~

刑事ゴロンボ(とナンシー)
犯人がわかったぞナンシー!



大砂塵

Fri

ジュリーの歌を紹介した時から
遊びにきてくれるようになった小山田さん
いつも感想メールをありがとう!
今回届いたメールに、質問が書いてあったので
お返事の代わりに記事でまた紹介しますよ。
内容は、以前紹介した、故・沢たまきさんの歌についてです。


 「すごくかっこいい歌で、がんばっておぼえましたが、
  カラオケにありません。ジャニー・ギターのつづりはどういうのですか。」


つづりは、 Johnny Guitar です。
この曲は、1954年に米国で公開された、同名の映画(ニコラス・レイ監督)の
ラストに流れる美しい歌(ペギー・リー)です。
Johnny Guitarは、日本では「大砂塵」という題で公開されました。


大砂塵



「大砂塵」は、流れ者のジャニー(スターリング・ヘイドン)と、元恋人で酒場の店主の
ヴィエンナ(ジョーン・クロフォード)の愛と葛藤を描いた西部劇です。
冒頭の砂塵がすごくて、なるほど「大砂塵」だなって納得します。
紹介にあたり、名前などを間違わないように、ちょっと検索してみたら
よくあることだけど、Wikipediaの解説がめちゃくちゃだぁ!
未見の人は参考にしない方がいいですよ。
公開当時、この「ジャニー・ギター」という歌は、映画以上にヒットしたそうです。
でも、映画もイイよ。無駄な台詞がなくて、登場人物達の狂おしいまでの思いが
徹底的におさえて描写されてる。
5月に亡くなったばかりのデニス・ホッパーのデビュー作でもあるこの映画、
超おすすめです。



インセプション

Mon

今度のレオは、すごく面白かったよ!
予告編にでてきた、町がぐぐーーーーーっと持ち上がってくるところは
劇場で観るからこそ味わえる気持ちよさだったー!



↓クリックしてね↓

「インセプション」予告編
ヽミ* ゚∀゚ミノ眉間のシワくっきりー!



レオは、他人の夢を覗いて、そこにある潜在意識から
アイディアを盗んでくるスパイ。
そのレオに、逆のこと…他人の頭に、ある意識を植え付けてくる仕事を
依頼するのは、すっごいお金持ちの渡辺謙。
さぁ、どうなる?

お話は、ややこしくなりそうなところをいい加減に(良い加減に)はしょって
夢の階層(夢の中で見る夢、その夢の中で見る夢…)を深くまで
潜っていきますよ。
友達から「難しそうな映画じゃない?」って訊かれたけど
大丈夫!
安心して映画の世界を楽しんでね。

ミ* ゚д゚ミ 眉間のしわマニアにはたまりませんよフヒヒ




もしかして

Sat

リュック・ベッソンて、ハゲ好きなのかな?

↓クリック拡大でハゲ確認おねがいします

かこいいハゲ1   かこいいハゲ2   かこいいハゲ3


あぁ。ただのハゲじゃなくて
かこいいハゲ好き、だな!
よく理解しました。


パリより愛をこめて

Mon

最初劇場でこの題を見た時
「パ・リーグより愛をこめて」と声に出して読んじゃったよ!


…それはさておき、観ちゃった。
「マトリックス」以来、エンケンのナレーションに反応して
とにかく観ちゃうゆうがたちゃん。
エンケンめ!

↓クリックしてね↓
パリより愛をこめて 予告編
Cooooooool!



リュック・ベッソン製作という時点で、中2男子っぽい内容だろうなぁと
思ってたけど、予告編のトラボルタがあまりにもかっこよかったからね。
96時間のピエール・モレル監督だし、
とにかくかっこいいのかなって。

それで観てみたよ。
小5男子レベルの話だった…ふ…


でも、かっこよかった!ひたすらに!トラボルタが!!!!!!!!!

この映画は、トラボルタがかっこいいのを味わい尽くす映画だよ。
トラボルタファンのあなたにだけ、超おすすめ映画だっ!!



予告編の検索をしてたら、ナレーションの録音風景
なんていうのが出てきたよ。エンケン好きならどうぞ。

↓クリックしてね↓
エンケンのナレーション風景
これは良いエンケン写真だ



えええええええええええええええええっ?!
エンケン、テレビに出てるの?!
知らなかった…。
野球ニュースと野球中継とタモリ倶楽部とアルフ以外、
テレビを全く観ないから!

何故テレビになんか…
いいよだ。今からDVD観るもん。
鬼哭(kikoku)にしようか、荒ぶる魂たちにしようか。


ミ* ゚Д゚ミノ 後で会おうぜエンケン!!





ハリウッドの星

Sun

つい先だって、Hollywood Walk of Fameの星を授与されたばかりの
デニス・ホッパー
もうとっくにもらってると思ってたから驚いたよ。

そのかっこいいジイさんが、
ほんとの星になっちゃった。


↓クリックして大きい写真を見てね↓

dennis hopper 1936-2010   盟友ジャック・ニコルソンと   まだ幼い娘と


イージー・ライダー   地獄の黙示録   スピード


たくさんの映画の喜びを、
ときめきを、
どうもありがとう。

とっても淋しいです。


ウルフマン

Sat

観てきたよ!予告編にときめいちゃったから!

ウルフマン予告編
ゥワォーーーーン!




エンケンのナレーションかっちょいいいい!!
マトリックスを思い出すねぇ。

 ベニシオ・デル・トロ
 アンソニー・ホプキンス
 ヒューゴ・ウィーヴィング
 ジェラルディン・チャップリン

このキャストで狼男!
ふつう観に行くよね!ゆうがたちゃんなら!

それで、えーと、みどころは
変身シーンと変身後の疾走シーンかなぁ。
ずっしりした映画でも、ふりきれたバカ映画でもなく
いろいろと、あれれぇ、って思っちゃったけど
ガーゴイルにまたがるウルフマンは
劇場の大きなスクリーンで観る価値がありました。

↓この写真を見てときめく人は是非どうぞ。

キミはときめいたか!




変身しなくても血圧もんのすごく高そうな
野獣、ベニシオ・デルトロが
サー・ホプキンスのせがれだという設定だけで
むちゃくちゃで笑っちゃったので、まぁいいや。

私がお金持ちでこの企画を持ってたら、
ギレルモ・デル・トロに撮ってもらっただろうなぁぁ。




※当ブログでは、プエルトリカンのベニさんを
ベニチオではなくベニシオと表記しています。

シャッターアイランド

Mon

観てきたよ!

↓クリックしてね↓

シャッターアイランド
謎なんだぜベイベー



精神を病んだ犯罪者の収容施設がある絶海の孤島、シャッター アイランドから
1人の女性患者が姿を消した!そりゃ大変!いったいどこに?!

という話です。
またしても組んでしまった、好き同士にもほどがある
マーティン・スコセッシ監督×レオナルド・ディカプリオ。

これから観る人の為に、問題ない程度の情報だけ
ふたあつばかり書いておこう。



1.眉間のしわ!

眉間のしわが大好きなあなた!
本作品では、レオが終始険しい表情を見せてくれますよ!
特に、眉間のしわが出てこそレオだ!と考えてるあなた!
ゆうがたちゃんと気が合うじゃないか!文通しましょうよ!



2.ゲロ!

ゲロシーンがある映画のマニアなあなた!
ありますあります!ぜひ本作品も心のコレクションに
加えてください!


ホームズ観てきた!

Tue

映画「シャーロック・ホームズ」を観てきました。


予備知識は、

①コナン・ドイルの小説ではなく
 ライオネル・ウィグラムのコミックが原作である

②ガイ・リッチー監督作品である

これだけでした。

コナン・ドイルの小説のファンである友達3人は皆
大急ぎで観に行き、全員が怒って帰ってきました。あれまあ。

でもでも、私はそれほどコナン・ドイルに思い入れは無いし
ガイ・リッチー監督が大好きなんだもーん!



ガイ・リッチー初監督作品
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」より

不良親父スティング




ガイ・リッチー監督2作目
「スナッチ」より

へなちょこタトゥー&何言ってるか分かんないブラッド・ピット


こんなので洗脳されてるもんですから
劇場で観るのは義務だ!と思って行ってきたのですよ。



面白かったー!!!!!!!!!



あれを観て怒る理由は、沢山思いつきます。
たとえば、監督得意の細切れ早回しカットが
軽薄に見えちゃったのかもしれないし。
ホームズの脳のシナプスの素早い動きを
映像で見せられているんだと勝手に納得した私は
開始早々、監督の思う壺にはまっちゃったよー。


ふひひ



最も怒りを誘うのがホームズのキャスティングなのかなぁ。
終わってからそれについて怒鳴ってる人を劇場で見かけたけど
私はイイと思いました、ロバート・ダウニー・Jr。
武術に長けてたのも、薬物に依存してたのも、
ちゃんと原作に書かれてる事なんだし
せっかくロバート・ダウニー・Jrなら
もっとアブナイ形相を見せてくれてもよかったなぁ、
脚本もガイ・リッチー監督だったらそうなったかなぁ、などと
真面目な原作ファンに夜道で襲われそうなことを
考えてニヤニヤ笑いつつ、劇場を後にしました。

だって、すごく丁寧に撮られてたもん!
ファンならすぐに気づく台詞や場面の散りばめ方も
初めて観た人が不自然さを感じない程度の
控えめな演出で表現されてたし、
ワトソンを助手扱いしてなかったのも嬉しかったなぁ。
原作に忠実に描けば、こういうバディ・ムービーこそ
正しい形だと思う。ジュード・ロウのワトソン、大成功だったね!

そしてそして、映画としての唯一のオリジナルの部分である
「敵」マーク・ストロングの美声!
声マニアの私は、あの「敵」の登場場面を観た途端
この映画が好きだああああ!と興奮してしまいました。

まだこれを観てない友達(声マニア仲間)は
宮崎駿監督のテレビアニメ「名探偵ホームズ」のファンらしく
「吹替版のホームズが広川太一郎だったら笑ってしまう」
って。よし、この軽いノリ最高。2度目は彼と観に行くぞ!

広川太一郎!今でも大好きだー!



インビクタス/負けざる者たち

Thu

ネルソン・マンデラ氏が獄中から釈放されて今日で丸20年。
アパルトヘイト(人種隔離政策)関連法の全廃で
法的権利は平等になっても
貧富の差は拡大するばかりな上、エイズが蔓延して
南アフリカの国民平均寿命は43.8歳にまで下がっているそうです。



インビクタス/負けざる者たち
(INVICTUSとは、ラテン語で『不屈』の意味)

インビクタス



クリント・イーストウッド監督の30作目にあたる本作は、
就任直後のマンデラ大統領と、いつも負けてばかりだった
ラグビー南アフリカ代表チームを描いた、実話を元にした映画です。
いま公開中なので、あらすじはひみつ!

早撮りで有名なクリント・イーストウッド監督。
テイクを重ねずどんどん進めていって、どうしてこんなに
立派な作品ばかり次々生み出せるんでしょうか。
撮影開始までの準備がどれほど濃密なものなのかと想像し、
新作を観る度、旧作に触れる度、ため息が出てしまいます。

演出だけではありません。役者陣、特に
この企画を持ち込んだという主演のモーガン・フリーマンが
とにかく素晴らしい!
話し方、歩き方、決意を秘めた人を惹きつける笑顔、佇まい、
何もかも、物真似ではなく、
ニュース映像で世界中の人々に知られている
マンデラ大統領その人を見事に演じきっていました。

ラグビーチーム主将役のマット・デイモンも
くどい芝居に走らず、この映画に登場する全ての人物と同じく
極めて自然体で爽やかでした。

モーガン・フリーマンは、アフリカ系アメリカ人が主催する
人種差別と戦う運動や集会の類の全てへの参加を
公式に拒否しています。

人種差別のない世界とは、それについて
誰も悩まず、訴えず、語らない世界。
これが彼の主張です。

なかったことにしようとしてる訳ではなく、
違った方向から問題を考えていく。

この作品の企画を持ち込んだ相手が
実話を元にした素晴らしい映画を沢山撮っている
クリント・イーストウッド監督だったという
「はじめの一歩」を考えただけでも、
人種差別問題に立ち向かう彼の
思いの強さを感じることができます。



モーガン・フリーマンは過去にも、アパルトヘイトを扱った作品に
重要な役で参加しています。



パワー・オブ・ワン(ジョン・G・アヴィルドセン監督)

パワー・オブ・ワン


舞台は1930年代の南アフリカ。
幼くして両親を亡くしたイギリス人少年PKは
様々な差別をする人々、される人々の双方と関わる中、
獄中のヒール・ピート(モーガン・フリーマン)から
ボクシングを教わり、彼の不屈の精神に
強い影響を受け、逞しい青年へと成長していきます。

私がモーガン・フリーマンを初めて観たのはこの映画です。
ヒール・ピートの、深い悲しみ苦しみの中にあっても諦めない強いまなざしと
囚人たちが大合唱する美しい歌は、何年経っても耳から離れません。


アバター

Mon

ドルビー3Dシステムを採用している
新宿バルト9で観てきました。

アバター
アバター




何の予備知識も持たずに行って、まず思ったこと。



メガネめたくそ重い!




みどりの星パンドラは、
「天空の城ラピュタ」と「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」を
まぜたような景色だったせいか、何だか懐かしく感じました。

パンドラのに住む先住民「ナヴィ」たちは
全員、田中麗奈ちゃんによく似て見えたせいか
何だか懐かしく感じました。

シガニー・ウィーバーが科学者の役で出てきたので
よその星に来てるんだ!とすぐに信じることができました。

いつもの通り、逞しい科学者です
しかもニコチン中毒


細部のつじつま合わせが非常にてけとーですが
キャメロン監督作品なので、あんまり気にせず観るのが吉です。
キャメさん作品なら、「ターミネーター」や「エイリアン2」だったら
重いメガネに再び挑戦してもいいかなぁと思います。
でなければ「スター・ウォーズ」エピソードⅣ・Ⅴ・Ⅵとか。


一番みたいのは、勿論「キャプテンEO」だよ!!


↓クリックしてね↓
キャプテンEO
キャプテンEO






~ 追記(2月6日) ~

パンフレットを眺めてたら、また
書きたくなりましたよ。

全体的に、「美しい色」「スケールの大きさ」
以外では、見たことあるようなものが多く感じたのですが
メカの造形は凝ってて、どれも興味深く感じました。
特に気に入ったのは、軍の指令機(飛行機?)。

重量感たっぷりの爆音で飛行する様は、
未来少年コナンのギガントを彷彿とさせます。
そこに乗り込んだ人間兵器、
マイルズ・クオリッチ大佐(スティーブン・ラング)には
劇中の誰よりもときめかされました。

この傷痕!かっこいいいいいい!

この追記は、キャメさんの「タイタニック」等のファンの人は
参考にしないでねー。
ターミネーターは、1本目だけが好き!
シュワは悪党が似合う!と信じる
ゆうがたちゃんのからのお知らせでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。