ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017.04
03
05


123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の蜂

Tue

多くの地域で公開が終了しちゃったこの映画
1度観て、とても良い時間を過ごせたので
近所の劇場の最終日に、もう1度観に行きました
みんなに観てほしいので紹介します










今から20年前、村山政権改造内閣が発足した
1995年8月8日の朝、この物語は始まります

愛知県にある錦重工業小牧工場試験飛行場から
この日、航空自衛隊に納入される事になっていた
新型巨大ヘリコプター「ビッグB」が
遠隔操作で何者かに奪われてしまいます
ビッグBは、愛知県から福井県へと
不気味な無人飛行を続け
初の臨界達成から間もない高速増殖原型炉「新陽」の真上に
ぴたっと位置を合わせ、ホバリングを始めます

ほどなく、犯人グループ「天空の蜂」からの
身勝手な要求が明らかに…曰く、


・日本中の全ての原発を廃棄すること
・新陽は停止してはならない
・要求に従わなければ、ビッグBを墜落させる


燃料切れで自然落下するのは8時間後
しかもビッグBには犯人グループが爆弾を積み込んでしまっている
更に、犯人グループも予期しなかった出来事として
このビッグBの中に、ひとりの少年が乗り込んでしまっている

ビッグBの設計者、湯原(江口洋介)と
新陽の設計者、三島(本木雅弘)のふたりは
同じ会社の同期で、縁浅からぬ仲でもあります
このふたりを中心に、登場人物達は皆
それぞれの現場で懸命に知恵を絞り、戦います

被害を何とか最小限にくいとめる為に
ひとりぼっちで耐えている少年を救出する為に
犯人を見つけ出して事件そのものを解決する為に
そして、もう2度と抱きしめる事ができない、
大切な人の為に -





さて、あらすじはここまでにして
ときめかせてくれた人達を紹介しますよ

まず嬉しくなっちゃったのは
「人命救助のプロ」とテレビレポーターに紹介される航空自衛隊の
少年救出チームの顔ぶれのすごさでした
救助ヘリを華麗に操るのは、丹波道場出身のやべきょうすけ!
タンバ神に見守られていたら、絶対安全です!多分!
そして乗組員は、永瀬匡と松田悟志…っていうか
仮面ライダービースト あーんど 仮面ライダーナイト!
いくらなんでも精鋭すぎないか?!
この面々を確認した瞬間、
何があっても助けるぞ!という空自の意気込みが伝わってきて
ゆうがたちゃん大興奮!
この人達、本当に素晴らしかったなぁ


仮面ライダーといえば、かつてクモ怪人として活躍していた綾野剛
今回も全方位に向けて大活躍をしてました
そういえば、どこかクモちゃんぽかったかもフヒヒ


江口洋介のヒステリー嫁
映画「女優霊」で桟敷通路から転落した石橋けい
この人の発狂ぶりはすさまじかった
すさまじいとしか説明できません
ヒステリー嫁と書いたのは、事件が起こる何年も前の
回想シーンから、既に危険信号が点滅していたからです
嫁、怖いよー!


消防チームのリーダー光石研は、九州出身の人だよね
誰よりも地元の人らしく見えて、とっても良かったなぁ
仕草や、顔の表情や、決して多くない言葉を紡ぐその声音から
あぁ、この人はこれまで本当に長い間、
社会を、地域を、皆を守る為に尽くし続けてきたんだなぁ って
しみじみ思える、熱演でした
この映画、テンション高めの人が多いんだけど、
そうじゃないのに熱演だった光石研スゲー!!


それから、桜金造を若返らせたような佐藤二朗!
この人が何かやらかすたんびに大喜びしたゆうがたちゃんだ!

こうして、ひとりひとりの描写がいきいきしていたのは
演出なのか、キャストの力量なのか
わからないけど、登場人物は皆、心に残る人達ばかりでした
石橋蓮司や國村隼など、うまいに決まってる人達も
それぞれちゃんといい味だしてたし
そうそう!清掃会社のおじさんが、芝居以前に
めちゃめちゃいい面構えで
おおっ、だれ?と思ってよく見たら、吉永秀平!
最近の日本映画やテレビドラマを殆ど観ていない
自分のせいだと思うけど、
久しぶりに姿も良い声も確認できて嬉しかったなぁ



他に記しておきたいこととして、


・ヅラマニア歓喜!テレビ解説員がエリンギ状のヅラ頭
 (モデルは多分あの人)
・おっぱいマニア興奮!モッくんのチラ見せおっぱい
 (むっちりBカップ?)
・ゲロマニア注目!仲間由紀恵のゲロ拭きシーン
 (声は殆ど無し、惜しい!)



など、各マニア向けのツボも用意されていました




1度観て、原作を読んでから2度目に観た感想として、
特に言いたいことがふたつあります

ひとつめは、練り上げられた脚本の素晴らしさ
多少のアラはあるけれど、原作で丁寧に描かれていた
大きな大きな問題…「沈黙する群衆」の
無意識の、あるいは故意の無関心について
繰り返し繰り返し、いろいろな場面で掲げつつ
ひとつの考えに偏ることなく、しかも娯楽映画として
立派に完成させることができていました
原作の登場人物達の中のいくたりかが垂れ流していた
ひとりよがりな甘さや愚かさ、
そしてその身勝手な言い分を突き放し、
或いはバッサリ切り落とし
よりドラマチックにまとめることに大成功した
本作の脚本に、心からの賛辞をおくります


ふたつめは、映画のクライマックスの、胸をしめつけられる美しさ
モッくんが主役である理由がわかった、と、2度とも思いました
本当に本当に、いい役者さんだなぁ、モッくん
もうすぐ50歳なんだって
モッくんて呼んだらいけないのかな…モッさん?



松竹120周年記念作品でもあるこの映画の観賞を
いろんな考えがあり、躊躇していた人もいるかと思います
私は何の前知識もなく、原作も知らずにいきなり観たのですが
(映画でも観るかと訪れたシネコンで、
待たずに最初から観られるのがたまたまこの作品だけだった)
映画の登場人物達と同様、作り手達の懸命さが
伝わってくる、とても良い作品で、観られた幸運を喜びました

そう、しつこく書いておきますよ
原発賛成!原発反対!自衛隊賛成!自衛隊反対!
…という映画ではありませんよ!
これなら断らずに協力してあげれば良かったのに、防衛省!
「新幹線大爆破」や「ジョーズ」など、過去にときめいた映画のことも
思い出して、余計に胸がどきどきした作品でしたよ
最初に書いた通り、みんなに観てほしい映画です
是非、是非観てね!





【おまけ①】時代考証や小道具、設定などについて

阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件などなど
大変な凶事が次々に日本に襲い掛かってきた1995年
この激動の年を絵として表現する方法のひとつとして
懐かしいものが次々と登場して目を楽しませてくれました
サービス開始したてのPHSや、初代エスティマや
この頃使われていた吸入器などなど
でも、自然に見えると返って見つけづらいね

こういう場合、間違い探しの方が簡単です
探してなかったけど見つけちゃったのが、たとえば
PCが新しすぎること
Windows 95の日本語版が発売される直前だからね、
いくら最先端のものづくりの技術者の持ち物といっても、
ちょっと変だったかな

他には、愛知県警パトカーや警察手帳の謎表記、向井理の謎階級、
アルタ前の風景、去年から走ってる埼京線車両が時空を超えて福井県に登場、
若狭湾に逞しく生息する南国の木とかね
でも、こんなことは全部、映画の出来を少しも傷つけてなかったよ

救助チームのヘリが、航空自衛隊でつかわない型の民間機(ベル412)だったこと
これはスタッフのせいじゃないよね、防衛省が協力してあげなかったせいだもん
当時大活躍していた黄・白ツートンのKV-107シリーズにしてくれてたら
ゆうがたちゃんは大喜びだったけど、防衛省のせいだから仕方ない
大金をかけて空自ヘリっぽくしたことにも、でっかい努力賞を贈りたいと思います
バカ!バカ!防衛省のバカ!

小道具類で、何よりもときめいたのは
最高の笑顔が並ぶ、新陽の初臨界祝いの集合写真
小道具じゃなくて、美術なのかな
これから観る人は、どうかこの写真をお見逃しなく!



【おまけ②】1995年の映画界をゆるがせた主な事件

・ゴジラがメルトダウンで消滅
・寅さんが被災地でボランティア
・モッくんが佐藤浩市と愛の逃避行
・牧羊子豚が口ずさむジングルベル
・キアヌ・リーヴスの脳味噌に記憶装置が埋め込まれる
・アントニオ・バンデラス一味が仕込みギターで大暴れ



【おまけ③】どうしても言いたくてたまらないのです

ミ; ゚Д゚ミ コ…コーショクジョーショクゲンケーロ!



 
スポンサーサイト

。。。ミ* ゚Д゚ミノ 感想・待ち合わせメモなどは こちらへどうぞ 。。。


おおーこれはDVDになったら借りて観てみよう

しかしほんとの映画好きってこんなに考えながら観て、終わった後も考えてるんか
すげぇなぁ

ミ; ゚Д゚ミ コーショクジョーショクゲンケーロ!

みたい!
ゆがたちゃの解説すてきにこころにひびいたです!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。