ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017.04
03
05


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOMEスポンサー広告日本映画>まほろ駅前狂騒曲

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まほろ駅前狂騒曲

Sun

まほろ映画第2弾を観てきたよー
やっぱり可愛いなあ、このコンビ
てれ~んとしてるところがいい

まほろ駅前狂騒曲





三浦しをんの小説「まほろ駅前多田便利軒」は
「まほろ市」の駅前で、便利屋さんを開いてる多田啓介と
そこに転がりこんできた、同級生の行天(ぎょうてん)春彦の
1年間を描いたお話です
映画では、多田を瑛太が、行天を松田龍平が演じていて
これがもおおおおお本当にハマリ役なのです



ゆうがたちゃんの感触

映画第1弾「まほろ駅前多田便利軒」は、
てれ~ん+かすかな緊張感=妙な気まずさが笑える


ドラマ版「まほろ駅前番外地」は、
てれ~ん+仲良し=気まずさが少なく、コメディ色が強い


そして、今回の映画第2弾「まほろ駅前狂騒曲」は、
てれ~ん+仲良し+立て続けに起こる厄介事
で、ちょっと詰め込みすぎかなぁと思いました
あの中のどれかひとつぐらいに絞って
ふたりの間のかすかな緊張感をまた描いてくれてたらなあ
笑いも、ここは笑うところだ!という作りこみ部分より
何ともじれったい、ふたりの絶妙な間に
特におかしさがこみ上げてきて笑っちゃったゆうがたちゃんだよ
この間はシリーズ通して変わらなくて、
1度味わうとクセになるんだよー!



これでも仕事中です!



というわけで、まほろの空気とふたりの主役は
じゅうぶん期待通りでした
そして、お話はともかく、今回は脇の名優達のすばらしさに
鳥肌がたつほど興奮しました
ほんのちょっとしか出てこない岸部一徳、そしてその場面の
更にほんのちょっとに食い込んでくる伊佐山ひろ子
暴れてる時より、ふんどし一丁で立って、ほんのちょっと
体を動かすだけでぞくぞくさせてくれる舞踏家・麿赤兒
そしてそして、何といっても、深い深い味わいで
全てをさらっていった奈良岡朋子

この素晴らしい脇役達をスクリーンで堪能するだけでも
劇場で観る価値が大いにあると思います

このシリーズをまだ観たことない人でも
その点は楽しめると思います
でも、原作を読んでいる人も含め、できたら
第1弾やドラマ版を観てから観ると
まほろってどんなところかよくわかって
更に楽しいと思います



ヽミ* ゚∀゚ミノ ビバ!まほろ!!





~ おまけ ~

1.実は原作を読んだことがないゆうがたちゃんだ
  原作をしっかり読み込んでいて、龍平ファンでもあるゆびにん番長の
  すばらしきおしょうじブログに、
  とっても冷静な分析の記事があるので是非読みに行こう!

  うりふたつゆびにんをポチッと押すのだ
   ↓なんでこんなに似てるんだ↓
多田&行天
リンク先では、もっとでっかい写真で
ふたりのゆびにんが観察できるるよ!


2.パンフレットが超豪華だとのうわさ。
  早めに買いに行こうっと!




スポンサーサイト

。。。ミ* ゚Д゚ミノ 感想・待ち合わせメモなどは こちらへどうぞ 。。。


伊佐山さん、超一瞬なのにめっちゃ存在感放ってたねw

(*。Д゜)o彡゜ おしょじせんせ。おしょじせんせ。

出演されている方々の名前みただけで興味だわ

おしょうじせんせのゆびにんさんたちすてきにかわいくかこいい!

漫画も面白いよ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。