ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017.06
05
07


123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戻る男

Fri

ハードカバー発売時から、手にとる機会があった時はいつも
気持ちが沈んでいて、読みそこなっていたこの本
啓文堂大賞の文庫大賞候補作に選ばれたのを知って
購入してみました…よかった!



戻る男(山本甲士/中公文庫)

ぶどう色の美しいカバー



ファンタジー小説「もう一つの扉」が大ベストセラーになった後
スランプに陥り、5年間何も書いていない小説家のもとに
出版社から、謎の手紙が転送されてきます。
差出人は、タイムスリップの研究をしているという人物。
この研究では、人が過去に戻り、大きく歴史が変わらない程度の
やり直しならできるようにまで進んできているとのこと。
小説家は、その実験の被験者になることをすすめられます。
費用は50万円。小説家は、新しい小説のネタになればと
体験することに決めるのでした…。

過去に戻り、何かをやり直せるとしたら、どんなことをやり直すか。
あるいは、やり直しはしないと決め、過去には戻らないか。
考えちゃうよねえええええええ…


びっくりするほど爽やかな結末に、笑顔で本を閉じました!
おすすめですよー!!




スポンサーサイト

。。。ミ* ゚Д゚ミノ 感想・待ち合わせメモなどは こちらへどうぞ 。。。


タイムスリップ!
わくわくするね。戻りたい気持ちあるある


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。