ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017.10
09
11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOMEスポンサー広告うちニュース>崖登りチャンピオン

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖登りチャンピオン

Tue

断崖絶壁を征服せんとする野生のヤギ







こんなに頑張らないとゴハンが見つからないんだろうか…
って不思議だったけど、ヤギって飼われてる子でも
高いところに登るのが大好きなんだってね
このものすごい技術は、どのぐらいの期間で習得するんだろう







   魚津はピッケルを岩の間に立てたまま、友の姿に眼をやっていた。
   風は斜面の左手から吹きつけて、絶えず雪煙りが下方の空間を埋めている。
   時々落雪が不気味な音をたてて魚津の足場に散った。
   その時小坂は魚津より5メートル程斜めの壁にとりついて、
   ザイルを頭上に突き出している岩に掛ける作業に従事していた。
   不思議にその小坂乙彦の姿は魚津には一枚の絵のようにくっきりと澄んで見えた。
   小坂を取り巻いているわずかの空間だけが、きれいに洗いぬぐわれ、
   あたかも硝子越しにでも見るように、岩も、雪も、小坂の体も、
   微かな冷たい光沢を持って見えた。
                      (井上靖「氷壁」より)







ヤギも、最初はお母さんの背中ぐらいから
練習して上手になっていくのかな







初心者コースも意外と難しそうだぞ






スポンサーサイト

。。。ミ* ゚Д゚ミノ 感想・待ち合わせメモなどは こちらへどうぞ 。。。


(*。Д゜)どうやて撮ったでづの。

オチが秀逸www

冒険者たちだ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。