ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017.11
10
12


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOMEスポンサー広告野球殿堂>ファイターズ、ありがとう!

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイターズ、ありがとう!

Sat

今シーズン最終戦は、本拠地札幌ドームで
大勝して終わりました。(対楽天戦・7-1)

2桁の勝ち星を賭けた武田勝投手は、7回2/3を1失点で見事10勝目をマーク!
今日が誕生日の小谷野選手は、自らを祝う様に先制HR!
勝さん、エーちゃん、おめでとおおおお!!!!!

そして。

わがファイターズにも、とうとう淋しいこの日がやってきました。
今日で引退の、伊藤剛投手、小田智之内野手。

思えばこの両選手は、北の大地に生まれた新生ファイターズの
輝かしい歩みのスタートを切った2人でもありました。


北海道日本ハムファイターズとして、初勝利をおさめた記念すべき
2004年3月31日の対オリックス戦で、最終回を締めくくった伊藤投手。
マウンドでの勇姿、忘れません
新しいファイターズが軌道に乗るまでの時間、不調な投手陣の中で
マウンドを守り続けた縁の下の力持ち。
誰かの肩に故障が出たと聞くたび、あなたの顔を思い出し
頑張れ、頑張れ、と鎌ヶ谷に念をおくっていました。




2004年4月3日、西武を迎えての札幌ドームでの試合で
チーム本拠地第1号のHR(自身もプロ入り初HR)を放った小田選手。
最後まで美しかったバッティング
最終打席に尚、まさしく弾丸のような痛烈なヒット。
昨年4月24日のサヨナラHRを見て、復活した!と嬉し泣きした事を思い出しました。
足の故障さえなければ、ガッツ去りし後のファイターズを
40歳になっても打撃で牽引してくれたでしょう。




大きな手術の後、二軍で苦しむ日々が続いても、決して腐らず
ひたむきに頑張り、チームに貢献してきた、いかにもファイターズ戦士らしい両選手。
東京時代からの選手と、いっぺんに2人もお別れ。鎌ヶ谷も淋しくなります。


伊藤さん、小田さん、本当にお疲れ様でした。
ときめかせてくれて、どうもありがとう!




【おまけ】

 引退セレモニー開始が告げられると、両選手の思い出のシーンが次々と
 オーロラビジョンに映し出されました。それと同時に、
 2人を送り出す選手達の顔を、テレビカメラが順繰りにとらえていました。

 高橋信二選手…見ているこちらの胸が苦しくなるほど
 とても穏やかに微笑んで、スクリーンをじっと、静かに見つめてた…

 選手総出で2人を順番に胴上げした後の
 八木投手…リーグ優勝の時はニコニコしてたのに、今日は号泣してた…

 私達の前で最高のプレーを見せてくれる為に、選手達が
 どれほどの努力と結束力で、想像できないほどの鍛錬を重ねてきているのか。
 「同志」に向けた心がこちらにも見える瞬間に出会う度に、
 幾度でも改めて驚かされ、感動をおぼえます。

 これからも、ずーっと応援します。ファイターズ、ありがとう!



 
スポンサーサイト

。。。ミ* ゚Д゚ミノ 感想・待ち合わせメモなどは こちらへどうぞ 。。。


■ (;▽;)

レギュラーシーズンを締めくくるにふさわしい、最高の1日だったね♪
小田伊藤両選手の引退セレモニー、監督挨拶、
優勝ペナント・優勝旗を持ってグランド一周しながらの
B・Bインタビュー、選手会長挨拶、サインボール投げ入れ!
GAORA解説の光山さんが言ってた通り、「完璧」だったね♪
全てに心がこもってたし、スタンドのファンが、合間合間にするコールも
打ち合わせして練習したかのように(小学校の運動会みたいに!)
ピタリピタリとはまってて、テレビの前で感動したぁ!現地組は幸せだね!
ああ、ファイターズのファンで本当に良かった~♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。