ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

2017.09
08
10


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOME日本のおはなし>月下独酌

月下独酌

Thu

閣下の歌に関連して、李白の「月下独酌」についてのご質問を
manaさんからいただきました。

「月下独酌という詩がのっている本を買いました。
 訳文つきだったのですが、全然意味がわかりません。
『月既不解飲』が『月既に飲むを解せず』とか???
 こういうのを読んだことがない人間にも
 よくわかる本があったら紹介してください。
 ブログでも、追記で月下独酌の説明がもらえるとありがたいです。
 閣下のファンで、曲は知ってましたが、全然意味知らずに
 聴いていたので、この機会に勉強したいです。」


manaさん、ありがとうございます。閣下イイですよね!

李白の研究本は国内だけでも沢山出版されていますが
我が家の本棚のものから1冊紹介します。

漢詩の研究者である宇野直人先生が、俳優・声優の江原正士さんを聞き役に
対話形式で綴った「李白 巨大なる野放図」(平凡社)。
今年の2月に出版されたばかりの本なので、全国の書店で手に入ります。
漢詩に全く興味がなかった人にも、とても分かり易く
大詩人李白の作品と生涯について学べる、良い本だと思います。



では、ここからは上記の本を参考に、「月下独酌」について。
日本語には無い文字もあるので、元の詩は画像ファイルで紹介です。






   ※この詩が書かれたのは、努力の末やっと朝廷に入れた李白が、たった3年で
    追放されてしまう直前のことです。朝廷の中で浮いてしまっている自分の立場を
    自覚し始めた李白は、疎外感、苛立ち、朝廷の実態に対する批判など
    様々な感情を抱き、強い孤独感にさいなまれる心情を、この詩で吐露しています。
    一見ほのぼのした詩のようですが、そうした部分に注目してみると
    全く違ったものに感じられると思います。




1.宴の始まり

花間一壼の酒 独り酌んで 相親しむ無し
杯を挙げて明月をむかへ 影に対して三人と成る


 「壷」は、日本酒での徳利、ワインでのデカンタと同じものです。
 「独り」とありますが、宮廷人なので、そばには召使が控えています。
 この召使が、中国特有の巨大な樽から壷にひしゃくでくみ、
 李白はその壷から杯に"手酌"でついで飲んでいるという状態です。

 春の月の明るい晩、(宮廷内の広大な庭園の)花咲く木陰で酒を飲む。
 夕方から飲み始めて、夜になって月が昇り、影が出てきた。
 酒を酌み交わす相手はいないけれど、私と月と影法師と、3人が揃った。

2.不思議な宴の様子

月既に飲を解せず 影いたづらにわが身に隨ふ
暫く月と影を伴うて 行楽 すべからく 春に及ぶべし


 月というのは酒を飲むということを理解しない。飲めないんだ。
 影法師も、ただいたずらに私の身の動きについて動くだけで主体性がない。
 月も影も、飲み仲間としては気がきかない。でもまぁいいや、
 とりあえずこの気がきかない月と影を相手に
 楽しく遊ぶべき春の行楽を逃がすまい。


3.宴たけなわ

我歌へば月 徘徊し 我舞へば 影 凌乱す
醒時は 同に交歓し 酔後は おのおの分散す
永く無情の遊を結び 相期して 雲漢はるかなり


 私が歌うと、月はふらふらとよろめく。(李白さんかなり酔ってます)
 私が踊ると、影法師は乱れて騒ぐ。(李白さんめちゃ酔ってます)
 意識がはっきりしているうちは、3人こうやって楽しく過ごせるが
 酔いが回ってしまえば、月も影も私も好き勝手に別れてゆく。(酔うと全部忘れるタイプです)
 末永くこういうしがらみのない交遊を続けたいものだ。(どんだけストレスたまってるんだ)
 次は3人で約束して、あのはるかな天の川あたりで会おう。(ちょっと気の毒になってきた)

【参考画像】 



いかがでしょうか。長文にお付き合い下さってありがとうございました。
各記事へのコメントも、直接いただくメールも、いつもとても
暮らしの励みになっています。返事がずるずる遅くなったり、
コメントには全く返事をしなかったりの、ものぐさ極まりない私ですが
皆さんに感謝しています。本当にありがとう。



スポンサーサイト

。。。ミ* ゚Д゚ミノ 感想・待ち合わせメモなどは こちらへどうぞ 。。。


■ すごい…

面白かった!一気に読んじゃった!
李白に親近感が沸いたのなんて初めてだよ。
ゆうがたちゃんて勉強家だね~~~e-465
内容も興味深いけど、文章が読みやすい!
あと参考画像かぁい~ね♪

■ ありがとうございましたo(^▽^)o

ゆうがたちゃんさんっ!
ホントに詳しくありがとうございました!
楽しく切ない詩を理解できました
大学のプリンターで印刷して、皆に配り、教授にも見せたら
この本を授業で使うことになり、学内の図書館で購入してもらえることになりました
あま2年ですが、卒論に李白が書けるように勉強します、本当にありがとうございました
ブログ毎日みて、自分が興味なかったことも楽しくなって視野がひろがってます
ゆうがたちゃんさんのように、いろんなことにときめける人生になれるよよにがんばります!
♪(*^ ・^)ノ⌒☆

■ おおお・・・

めちゃ、おもしろかった!!
ゆうがたちゃんのお陰で
また、かしこくなった^^!!
えへへ~♪