ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017.06
05
07


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOMEスポンサー広告日本映画>ことば問題

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことば問題

Sat

これをテーマに毎日記事を書き続けたいぐらいだ。
「便器洗浄」読めるようになりましたか?

映画「壬生義士伝」が初めて上映された
東京国際映画祭での、こんな場面を思い出しました。

主人公の吉村貫一郎(中井貴一)に、
郷里の息子から手紙が届きます。
胸をときめかせる吉村の映像に、息子の声で
手紙の内容のナレーションがかぶります。
手紙を読む場面で、最も判りやすい演出ですね。

「一筆啓上つかまつり候。
 父上様より御差し出しの書状拝見致し、
 いよいよご安幸の由、めでたく存じ上げ候。」

父への敬愛の念が強く伝わってくる、美しい書き出しですね。
このナレーションにのせられた英語字幕は、

「Dear father. you alright, nice.」



ミ* ゚д゚ミ みじかっ!!


いくら「字幕は短く、わかりやすく」と言っても
削りすぎじゃない?!

【参考画像】
ふてぶてしい斉藤一(佐藤浩市)
ふてぶてしさ日本一!


勿論、ひとこと「父上様」とだけ言っても、役者さんの力量で
観客を圧倒することは可能でしょう。
ただ、ここは、もう使われなくなった古の言葉の
ゆかしさを伝えてほしい場面です。
シェイクスピア劇のような台詞回しにしたら
いいんじゃないかな。

英語字幕よ!
むかし競争に負けるな!


~ おまけ ~

でもねえ、国際映画祭って、いろんな国の人が来るんだよねえ。
英語圏以外からも、たぁくさん。
そこで、共通の道具として使ってるんだよね、英語。
いくら立派でも、難しすぎたら伝わらないかもしれないしねぇ。
あぁぁせっかく書いたのに、自ら打ち消すか。何だこの記事。



スポンサーサイト

。。。ミ* ゚Д゚ミノ 感想・待ち合わせメモなどは こちらへどうぞ 。。。


テレ東で年末に放送した12時間バージョンは永久保存なのだ!
貫一郎は渡辺謙で斎藤一は竹中直人だった。
原作も何度も読み返したよ!
おもさげながんす。
おもさげながんす。

■ おお!

ブログ更新ばんじゃーいヽ(゜∇、゜)ノ
字幕、たまにびっくりしちゃうよねヽ(゜∇、゜)ノ
外国映画の日本人役の台詞もびっくりするヽ(゜∇、゜)ノ
ゆうがたちゃんがめっちゃ佐藤浩市好きなのには全然びっくりしないヽ(゜∇、゜)ノ
おもさげながんすヽ(゜∇、゜)ノヽ(゜∇、゜)ノヽ(゜∇、゜)ノヽ(゜∇、゜)ノヽ(゜∇、゜)ノ

■ いい写真ですね

大人の渋み、憧れます
こんな男になりたいものです
ゆうがたちゃんは英語もスペイン語もできるんですか
私には、この日本語の台詞が既に難しく感じます
この映画みてみたいのですが、私に理解できるでしょうか
近いうちにレンタルしてみます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。