ゆうがた部屋 ← ゆうがた部屋入り口

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

2017.10
09
11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOMEスポンサー広告その他>新聞読んでますか

スポンサーサイト

--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞読んでますか

Mon

1991年、毎週土曜日の深夜にTBS系列で生放送されていた
「三宅裕司のえびぞり巨匠天国」通称「えび天」では
毎週10本のアマチュア製作映像が発表され
審査員達は、放送時間と戦いながら、その1本1本を
厳しく審査し、若き映像作家の卵達にエールを送っていました。

これから紹介するのは、1991年7月6日の放送時に発表された
「PAPERS」という作品です。
新聞のみを素材に凄まじい映像を生み出した
佐藤義尚監督のお話と共に、ご覧下さい。


えび天 佐藤義尚監督「PAPERS」
PAPERS





この映像は、番組を録画した古いVHSテープをおこして
私が無断アップロードしたものなのですが
(すいませんすいませんすいません!)
つい先日、佐藤監督ご本人がチャンネル登録して下さいました…。
(ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!謝りつつ消さない私…。)

佐藤監督ご自身のチャンネルには、オリジナルの映像が
もっとずっと美しい状態でアップロードされています。
それは、これだ!(ただし、途中部分のみ)


「PAPERS」ちょびっとバージョン
PAPERS_short





これを観る度、とにかく新聞が読みたくなっちゃいます。
あぁ。今すぐ読みたい。「新聞」と呼ぶにふさわしい新聞を!!



大手新聞社の派閥抗争を扱った映画「社葬」の終盤、
父である社長の葬儀で、息子役の佐藤浩市の挨拶は
こんな言葉から始まります。

「新聞は、部数の多きが誇りではありません。」

報道に携わる人間にも、冷静にそれらを受けとめ
判断しなくてはならない受け手側の人間にも、
その言葉の意味をもう一度しっかり噛み締め、
考え直さなねばならない時が来ていると思います。



スポンサーサイト

。。。ミ* ゚Д゚ミノ 感想・待ち合わせメモなどは こちらへどうぞ 。。。


■ すごい!

堪能しました…!!
社葬という映画もみてみたいと思います。
ゆうがたちゃんいつもありがとうございます!

■ ムムムムム!!

これは・・・ホントにすごいわ!!

新聞が白黒だった時代の強さを感じるなあ!!
画像がキレイすぎないのも、またイイねえ!!

アナログの力強さには勝てないとこ、あるなあ・・・!!

■ 憶えてる!

佐藤監督天才!!!!!!!!!!!
ちょびっとバージョンも綺麗だったぁ♪
でもやっぱりそのままの尺のやつが好きだなぁ♪
通販で買い物したら、うちでとってない新聞が詰め物になってたから
さっきじっくり読んだよ…マンガのとこ(゚∀゚;)

■ ぬおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

たまげたっ!すごいもの見ちゃった!!!
こんな ワクワクは久しぶりだ!!!
長い間 ほこりの中で蜘蛛の巣がはった
わたしの感性の扉が、バーンとひらいたカンジ!

覚醒した気分!
(感激しすぎ?わたし変?でも なんだか、そうゆう気持ち♪)
見せてくれてありがとおおお!!

■ また見に来ました

すごい。すごくて怖い。
シュガーフラワーさん。
何を吸ったんですか。
早く寝ないと通報されますよ!

■ もじゃくん。

何も吸ってないわよ!!!
それより・・・
「右京さん!ゴーヤに動きがありました!」に
今コメントつけました。
読んできなさい。ふふふ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。